節約

ふるさと納税でお米を戴くという選択

皆様、「ふるさと納税」活用していらっしゃるでしょうか?

実質の負担金額2000円で豪華な買い物ができてしまうあれですね。

このふるさと納税の返礼品としてもらえるものが、日用品から高級食材、はたまら旅行など実に様々なものがラインナップされています。

私自身は、その中でも「お米」を返礼品として頂ける自治体にいつも寄付しています。

 

なぜお米??

 

その理由は、下記の3つが挙げられます。

  1. 還元率が高いから。
  2. 必ず食べるものでほとんど固定費みたいなもんだから。
  3. お弁当とかにも使えるから外食費も減らせる!!
  4. 食品としては長く保存できるから。

 

お米って結構高いです。(こんなこと言うと農家の方に怒られそうですが。)単純にお米をスーパーで購入すると5kgあたり2000円くらいしますよね。我が家では家族3人でだいたい1ヶ月あたり5kgのお米を消費します。これってもはや通信費とかと同じ固定費ですよね、毎月必ず支払っているのですから。単純計算で5kg ×12ヶ月 = 60kg/(1年) のお米を消費していることになりますから、年間で考えると2000円 × 12ヶ月 = 24,000円の出費となります。

 

この年間消費する60kgのお米をすべてふるさと納税で賄うにはいくら寄付を行う必要があるのでしょうか?

 

例えば、こちらの茨城県境町に寄付を行った場合、1万円につき20kgのお米がお礼に品として頂けます。

https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/08546/270088

すごい還元率だと思いませんか?1万円の寄付に対して、8000円相当のお礼の品が頂けるので還元率80%です!すべて茨城県境町に寄付を行うとして、3万円寄付すれば年間あたり消費するお米60kgを賄うことができますね。3万円の寄付だったらほとんどのサラリーマンのかたでも実質負担は2000円となるはずです。これだけで、年間24000円 – 実質負担2000円、つまり、年間22,000円の出費を削減することができます。

 

また、お米って結構長期の保存が可能です。ふるさと納税だとお肉とかも結構高い還元率でお礼の品として受け取ることができます。でもお肉って冷凍しておくにしても冷凍庫を占領してしまうし、冷凍したとしても長期の保存(半年~1年)は難しいですよね。しかし、お米の場合には、無酸素保存しておくことで味の劣化も少なく、虫の発生とかもなく、かつ場所もそんなに占領せずに1年や2年の長期保存することが可能です。(気になる方は、「お米 無酸素保存」でググってみてください。)我が家では毎年40kgくらいのまとまった量のお米をお礼の品として受け取り、この無酸素保存状態で押し入れの中にしまっています。大体半年くらいで使い切ることが多いのですが、最後のほうになっても全然味の劣化も感じず、虫も発生せずおいしくいただいています。

 

また、お米ってお弁当にも使えるので外食費を浮かせることができるんです!会社のお昼ってどうしていますか?自分はよくなか卯とかゆで太郎でお昼を食べることが多いのですが、500円~600円くらいは安く済ませてもかかってしまいますよね?例えば朝、ふるさと納税でもらったお米を炊いておいて、ご飯だけ持って行って、どこかでおかずだけ買うのでも結構な節約になりますよね。

 

そういう、理由で我が家ではいつもふるさと納税はお米を頂いています。

参考になれば幸いです♪

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です