未分類

なりたいあなたになる方法

皆さんは自分の生きたいように生きていますか?

今日は「なりたい自分になる方法」について書いてみたいと思います。

このテーマに関連した記事を以前も書きました。

辞めたいけど、辞められないのはなぜか?についてです。

あわせて読みたい
辞めたいけどやめれない→実はやめなくてもいいと思ってませんか?辞めたいけどやめられないことってありませんか?僕は最近「食べ過ぎ」に悩んでいます。僕はお酒はそこまで飲む人ではない(週に1回程度)のです...

結論としては、辞めたくても辞められないのは、本当はやめなくてもいいと思っているからなのではないか、という内容でした。

本日は、もしあなたが将来こうなりたいなあ、という理想があるなら、多分この2つのことをやればそれは叶う、いう内容です。叶うというのは、言い過ぎかも知れませんが、少なくともあなたはそれに向かって日々行動するようになります。行動しなければ、どこにもいけませんから。

将来の理想の生活を具体的に、強烈に意識する。

まずは、これです。あなたが持つ理想を達成した、将来の姿を強烈に思い描くのです。

自分の場合には、経済的な安定がほしい、時間に追われない生活がしたいという目標があります。

なので、それを達成した自分の毎日の生活、自分が何をして、何を思いながら生活しているかを、具体的に思い浮かべて見るのです。

私の場合はこうです。

毎朝8時に目を覚まします。けれど、今日はもう少し寝ています。昨日飲み会があって夜寝るのが遅かったからです。仕事の心配はいりません。在宅ワーカーだからです。

9時にようやく目を冷ましました。起き上がって、朝ごはんをゆっくり食べます。そして、10時には、家から歩いて5分の事務所で仕事を始めます。何時間もかけて通勤する必要はありません。

事務所では自分の好きなWEB開発の仕事をしています。数年前に独立し、個人事業主として働きはじめました。はじめは、クラウドワークスなどで食いつぐしかなく、不安に日々を過ごしていました。けれど、だんだん個人でも仕事を請け負うようになり、今では安定した顧客も持ち、関係も良好です。

無理して仕事をすることはありません。週5日、1日7時間働くことにしています。気持ちとしては、月に20万円の定期収入があればいいや、と思っています。残りの時間はすきなことを勉強したり、家族との時間にあてています。二人の子どもがいるので、勉強を教えたり、一緒に映画を見たりしています。

10万円の収入ではもちろん家族を養ってはいけません。しかし、僕には不動産収入もあります。中古物件を購入して、DIYをして貸し出すという、ビジネスです。ちょっとづつ増やしていき、今では5戸所有しています。月々の家賃収入は20万円です。最近、法人化し、持っていかれる税金も少くなりました。

月々40万円、これだけあれば十分でしょう。しかし、実はもう1つ収入源があります。夏場の間だけ、観光農園を行っています。土、日に一日6時間オープンしていますが、大盛況です。特に家族連れに人気のスポットとなっています。売上も順調で、月々10万円のボーナス収入となります。

そんな感じで、お金についてはあんまり心配せずに、のほほんと生活出来てます。

こんな感じです。僕はこんなふうな毎日をいつも想像しています。

こんな感じて将来の姿を具体的に強烈にイメージしてみるのです。毎日毎日、朝早く起きて、会いたくもない人と仕事をせずに住む毎日です。そんな生活、憧れますよね?

最悪の未来の生活を強烈に意識する。

そして、もう1つが最悪の未来を想像するということです。こちらは、今の毎日がこのさきずっと続いた場合に起こる、最悪の未来を想像してみるのです。

僕の場合はこんな感じになります。

世の中は、まさにトマ・ピケティが言ったようになった。中間層は分解し、富めるものはますます富み、貧しいものはどんどん貧しくなる。

会社員は、貧しくなる一方である。会社の売上は下がり、残業も増える一方だ。毎日、9時に会社に行って、家につくのは10時。もう1ヶ月も土日出勤をしている。家族との時間もほとんどない。

そのせいか、娘の態度も冷たい。そういえば、娘が最近どうやって毎日を過ごしてるのかも知らない。

給料も上がらない。世の中は、超高齢化社会だ。ついこの前、また所得税が上がった。そのせいで、働いても働いても、給料は上がらず、ちっとも楽できない。

会社からは大きなプレッシャーをかけられ、自分の好きな時間も持てない。こんな生活もう嫌だ!

こんな感じです。今のままであることのデメリットを強烈に意識してみるのです。このままでは、俺は死ぬ!と思うくらいに強烈に「今のままではやばい!」と意識してみるのです。

まとめ

もし、あなたが理想とするものがあるのなら、この方法を是非実践してみて下さい。

理想の未来像」と「最悪の未来像」を強烈に具体的に意識するのです。

もしあなたがダイエットをしたかったら、「太っていることによるデメリット」「ダイエットに成功することのメリット」を具体的に強烈に意識してみるのです。

そのイメージを強烈に意識できればできるほど、行動は自然と変わってくるはずです。

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です