子育て

「絵本ナビ」で読み聞かせ用の絵本を見つけよう。

我が家には1歳になる娘がいます。彼女は0歳の頃から絵本の読み聞かせが好きでした。

「まだかな、まだかな」が特にお気に入りで、キャラクターが「はーい!」と返事をするページではいつもニコニコ笑って、手をぱちぱちさせて喜んでいます。

子どもはずっと飽きないんですよね。同じ本を何度読んでもずーっと楽しそうに聞いてくれます。

そんなお気に入りの1冊を見つけてあげたいですよね。

家の娘は、絵本だったら何でもよい、というわけではないみたいなんです。好き嫌いがあって、気にいらない本には見向きもしてくれません。むりに読み聞かせてみても、すぐに他の遊びを始めてしまいます。

新しく本を買ってあげたいと思うけど、どんな本が気に入るのかわからない。

そんな時にはこちらの「絵本ナビ」で検索してはいかがでしょうか?

こちらのサイトでは、赤ちゃんの絵本を年齢別に検索することができます。また、すでにお気に入りの作品があれば、そちらを検索してみて下さい。

関連した作者、テーマ、シリーズの作品をチェックすることができるんですよ。

また、ままさんのレビューが載っているのがいいですね。しかも、有名どころであれば結構な数のレビューがされています。

あかちゃんのうた」という有名な絵本がありますが、こちらで検索してみると、なんと31件ものレビューが乗っています。

いったレビューを参考にすれば、自分の娘に合うかどうかも前もって確認できるので、買ってみたけど娘が全然反応しない、という失敗を減らせるんじゃないかと思います。

また、こちらのレビューは単純に読んでいても面白いですね。この「あかちゃんのうた」という作品に関してはこんなレビューが乗っています。

<div class=”simple-box1″><p>詩を読んでいるみたいで自然と優しい声になり,心も穏やかになりました。擬音が多くて,それが赤ちゃんにも聞こえやすいのかな。そうやって言葉を覚えていくのかなという本でした。絵が少し地味なので,赤ちゃんを絵で惹きつけるのはちょっと難しいかもしれません。でも詩の内容がいいのでそんなに気にならないです。</p></div>

僕はあんまり絵本を詩として読むという視点がありませんでしたが、そんなふうにも読めるんですね。すごく驚きです。

こういった親自身も楽しめるヒントが盛りたくさんです。

また、こういった作家さんのインタビューコンテンツも面白いですね。

絵本を書いている作家さんがどういう気持ちで本を書いているのか。そういったことがわかるとより一層、絵本を読むのが楽しくなりますね。

新しく本を買ってあげようかな、と思った際には、ぜひこちらの絵本ナビを参考にしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です