未分類

独立を目標にした副業で大事なこと3つ

副業を成長させて、それだけで生活できるようになったらいいですよね。ここ1,2週間のあいだ副業についていろいろリサーチしていたので概念的なところで大事なことを3つ上げてみました。

ちなみに私が副業をしたいと思っている理由については、こちらの記事に書いています。

1.自分の「商品」を作ること

こちらについては、サウザーさんの影響を強く受けています。会社の経営者は自分の商品なりサービスを持っています。一方、そこで働く会社員は、自分の時間を切り売りして、その経営者の商品に貢献することでお金を得ています。これではいつまで経っても、自分の時間を切り売りする生活から脱することができません。スキルアップして時間の単価を上げたとしても同じことです。不自由なサラリーマン人生から抜け出すには、自分の商品を持つしかない。そういったことをサウザーさんは提案されています。もっとよく知りたい方は、彼のVoicyなどを聞いてみて下さい。お金はかかりません。私も彼の意見にすごく共感します。

2.長期的な視点で考えること

何かを作るとして、すぐに結果を出そうと思わないこと。すぐに出来て、誰にでもできるようなことはすでに誰かがやっていて儲からない。長期的な視点でやること。

3. 堀江流の稼ぎやすいビジネスに該当すること

堀江貴文さんの有名なやつですね。(1)小資本で始められる(2)在庫がない(あるいは少ない)(3)利益率が高い(4)毎月の定期収入が確保できる、というやつです。

僕は副業を成長させて、将来的には独立できたらいいなと考えています。別に大金持ちになりたい、というモチベーションは自分にはありません。時間にゆとりが持てて、家族で普通の生活ができるくらいの金額を会社以外から稼ぐことを目標にしています。

そのうえで、時間のゆとりを持つためにはやはりサラリーマンのような時間を切り売りする働き方からは脱しなければいけません。その上でも、1番に上げた自分の商品を持つことは非常に大事だと思います。

しかし、だからといって、自分の商品ですぐに独立ができるとは思っていません。始めはもちろん絶対何を作っても売れないでしょうし、いろいろ試行錯誤するしかないのかな、と思っています。なにより、継続して、自分の目標を失わないことが大切です。すぐに結果を求めて、結果が出ずにやめてしまっては意味がありません。しばらくは今の会社のような残業が少なく自分の時間を持てる会社に勤めて、中長期的に独立は実現したいと思っています。

自分の商品を作る、すぐには結果を求めずに試行錯誤しながら世に送り出し続ける。けれど、ほとんど利益が上がらないものを作っていても仕方ないですよね。なので、堀江さんのおっしゃっている稼ぎやすいビジネス(商品)を作ることが大事です。

サラリーマンであれば、小資本で始められることは特に大事だと思います。それは、まず、失敗した時のダメージが少ないからですね。私のように家族がいる場合には、副業で資産を食いつぶしてしまったり、借金を背負うようなリスクは絶対に取れないところです。また、小資本であれば失敗してもまた次の商品づくりにとりかかることができます。在庫がない(少ない)というのもリスクを取らないためには大事です。

以上のようなことを踏まえて、私も儲かる性質を持ちそうな「商品」から作ってみる。いろいろ試しに作ってみて、芽がありそうだと感じたらその「商品」を育てていく。ということを行ってみようと思います

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です