お金

都内在住3人暮らしでも年収が400万あれば貯金100万はできます。

最近の我が家の毎月のキャッシュフローはだいたいこんな感じです。

家賃+電気ガス水道+通信費 = 10万円

食費+娘の雑費+その他の雑費  = 10万円

だいたいこんな感じで回っています。私の毎月の手取りがだいたい毎月28~30万円くらいです。

そうすると、毎月10万円の貯金ができることになります。そうすると年間120万円貯金できますよね。

我が家では余ったお金はほぼ資産運用に回しています。私の確定拠出年金で2万3千円、妻と私の積み立てNISAで合計6万円といった感じです。

私の年収が450万円くらい(去年まで400万円)ですが、都内で家族3人暮らしでも意外と貯金も十分にしながら生きていけています。

このように貯金ができているのは、家賃をかなり抑えていることが大きいです。うちの家賃は毎月7万1千円です。本当は7万5千円のところは少しまけてもらいました。広さは35平米くらい、2DKです。

家族3人で暮らすには正直ちょっと狭いです。私の私物なんてほとんどありませんし、妻もそんなに持っていません。うちの場合にはそんな狭い家にダブルのベッドまで置いています。なので、本当に狭苦しい限りです。しかし3人暮らしの物件を借りると+3万円くらいはみなければいけない。その浮いた分のお金を我が家では妻の積み立てNISAに当てることができています。

何が言いたいかというと、世帯での収入が400〜450万円くらいあれば十分暮らしていけるということです。これは私の実体験ですので自信を持って言えることです。

このくらいの額なら共働き世帯なら十分に稼げると思うんです。夫が300万、妻が100万って感じでも世帯年収は400万です。これくらいなら十分に達成できるでしょう。

これくらいあればそんなに不自由にも我慢しているとも思わずに生きていけると思うんです。私は確かに家の狭さのことでは、ちょっと不満がありますがそれ以外は別に我慢していることはありません。外食も月に2,3回はしますし、旅行も年に2,3回くらいは行きます。食事だって別に普通に健康に気を使った食事をしていますし、あまり不自由だとも思いません。

つまり言いたいことは、仕事ってそんなに肩肘はらずに頑張らなくていいんじゃない、ってことです。

会社には嫌な顔しながら仕事する人がいっぱいいます。そういう人に僕は心の中でいつも言ってあげたい。嫌だったらヤメればいいんだって。やめたって逃げ道はいっぱいある。工夫すればなんとかなるよ。

このブログはこれまでの僕の実体験から年収400万くらいでも十分に貯金をしながら生きていくノウハウをどんどん公開していけたらなと思います。といってもそんなに数はないですが。

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です