お金

情報をフィルターする3つの方法

無料のコンテンツに、我々は「時間」というお金を使っているという意識を持つ

今の世の中は本当に情報にあふれています。Twitterやブログなどで誰でも手軽に情報を発信できる時代です。

そういった情報の多くは無料で公開されています。しかし、無料だからといってすべての情報を摂取して消化するにはとても時間が足りません。

それに情報は無料でも時間は有限で、ある意味ではお金よりも貴重なものです。

どうやって情報をフィルターしたらよいのか?

我々は、限られた「時間」の中で無限にあるコンテンツから、何かの基準でそれらを取捨選択することが求められます。

どうすれば自分が本当に必要な情報を無限にある情報からフィルタリングして見つけることができるのか。

  1. 信頼できる、その道のプロをフォローする。
  2. 有料のコンテンツを利用する。
  3. 「目的」をもって情報収集する。

1については、比較的に簡単に実行できます。自分が興味がある分野に詳しく、活発に情報発信している信頼のおける人物をフォローする。このメリットは、単純にその人のフィルターがすでに不要な情報をフィルターしてくれているので、大変に効率がいいという点ですね。特に自分であれこれ考えなくても、その作業を肩代わりして頂けるのです。また、信頼できることも大事です。これについては文章を読んでその人の文章に嘘がないか、本当に読者のことを思ってかいているのか、といったポイントでみれば判断がつくのではないかと思います。

2.有料のコンテンツを利用することに関して。新聞とかはそうですよね。信頼できる情報をお金を出して買っているわけです。(最近のメディアはもう信頼できるかわかりませんけどね。)これも重要な情報の取捨選択やわかりにくい事柄などを効率よく理解する方法を「お金」を対価に肩代わりしてくれます。こちらについては、難しいですよね。有料だから必ずしもいい情報を発信しているとは限りません。自分も仕事がらIT関連の技術について有料のコンテンツをよく試しています。最新のトレンドをつかむため、基礎的な技術の概要を短時間で効率的に吸収することを高速化したい、と思っているのですが、なかなかうまくいきません。逆に熱心な個人の方のブログのほうが格段にわかりやすい情報発信をしていることはよくあります。そういったこともあり、こちらの方法はしっかり支払った分をペイできているか、ウォッチすることが重要になるかと思います。

3.こちらは最後に書いてしまいましたが、実は一番重要なんじゃないかと思います。そもそも自分がどういう情報がほしいのか、これって皆さん漠然となっていませんか?漠然とした方向性だけで情報収集していると、やはり漠然と情報の渦に埋もれてしまうと思うんです。自分が何がしたいのか、そのためにどういった情報が必要なのか、そういった「目的意識」を持って日々生きることが、この情報があふれる世の中で生きてく中で大切なような気がします。

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です