雑談

辞めたいけどやめれない→実はやめなくてもいいと思ってませんか?

辞めたいけどやめられないことってありませんか?僕は最近「食べ過ぎ」に悩んでいます。僕はお酒はそこまで飲む人ではない(週に1回程度)のですが、そのかわりご飯をけっこう食べます。晩ごはんだと、白いご飯を3杯くらいは普通にお代わりします。仕事がら運動をしていないため、ちょっと食べ過ぎただけで、すぐに体にお肉がついてしまいます。おかげさまで、今の仕事を始めてから体重はぐんぐん増加し、学生時代からおよそ15kgくらい太ってしまいました。

 

肥満が良くないことはわかっています。社会的な印象もよくないですし、何より健康にもよくありませんよね。こちらの記事に肥満のリスク等が記載されていますが、やはり読んでいると怖くなってきます。また、僕はデスクワークなので長時間椅子に座って仕事をしているのですが、最近は椅子に座っているとお尻が痛くてたまらなくなります。そのため、結構頻繁に席を立ったり座ったりしているのですが、時間の無駄だな、とよく思います。

にもかかわらず、食べ過ぎをやめることができていません。ではどうしてやめることができないのか。それは、もう単純に「本当はやめなくていい」と思っているからだと思います。どういうことか。確かに私は食べ過ぎると肉体的にも、精神的にもいいことがないので、食べ過ぎを辞めたいと思っています。けれど、同時に「死亡リスクが上がると言っても自分はまだ若いし」と思っていたり、お尻が痛いのも「まあ、我慢できないほどではないかな」と思っている所が、確かにあるのです。つまり、確かに食べ過ぎを続けていると、体にいいことがないことはわかっているけど、切羽詰まっていないのです。やめなくても大丈夫だと思っているのです。つまりやめる動機が薄いということが大きな原因になっています。

 

では辞めたいと思っていることを本当にやめるにはどうすればいいか。そのためには「辞めたい」という動機を思いっきり強くしてあげることだ!!

 

と思います。ですが、難しいですよね。そんなことまでしてやめなくちゃいけないの。。。って思って私も書いている手が止まってしまいましたw

 

大事なことは、自分の心によく問い合わせてみることなんじゃないでしょうか。このまま太っているともっと体の不調は増えてくるでしょう。その結果色々なパフォーマンスが落ちるでしょう。娘にだってそのうち嫌われるでしょう。本当にそれでいいのか、俺。まあいいか、となったら、それまで、いやダメだ、となったら自然とやめるためのエネルギーも湧いてくるでしょう。そんな感じでいいんじゃないでしょうか。

(最後まで読んでくれた方いたら、お時間ちょうだいしてごめんなさいw)

ABOUT ME
toshi
名前:Toshi 年齢:1990年生まれ 仕事:ソフトウェア 家族:妻と娘

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です